>

驚くほど多い歯医者

歯医者が多い理由

1960年頃、虫歯が社会問題となりました。当時日本には歯医者を養成する大学が7校しかなく、国は歯学部の新設を進めました。
その結果、歯学部と定員数の増加によって、医学部定員は1万ちかくありますが、歯学部のみで定員は4分の1ほと、歯科医師を目指す歯学部生が過剰に増えてしまいました。
それ以降、国は大学に対して、定員を減らすように注意していますが、定員はあまり変わっていません。
その結果、歯科医師の数も増え続けて、現在のように歯医者が街のいたるとことで見られるようになりました。
当然ですが、歯医者同士の競争は激しくなるので、廃業する歯医者も出てきますが、依然歯医者が多いのは変わりません。
都市部など街中に歯医者があるのは、歯学部生が多いからだったのです。

歯医者はコンビニより多い

厚生労働省が行った統計では、驚くことにコンビニよりも歯医者の数のほうが多いことが判りました。
2017年1月末の統計では、コンビニが約5万軒に対して、歯医者の数はなんと約6万軒以上もあったのです。
人口が密集する都市部は特に数が多く、東京には1万軒を越える歯医者があります。
そうなると患者の取り合いも起きる為、都内では1日平均1軒の歯医者が廃業しているとも言われています。
行き過ぎた競争は、歯医者の質を低下させることにもなります。
するとコスト削減のために、衛生面や安全管理の不徹底、過剰診療、過剰請求といった問題にも繋がります。
これは患者にとっては大問題です。同じ金額を払うなら、質の高い治療をしてくれる歯医者を選びたいはずです。
それには口コミによって、歯医者の正しい評価を見極めることが最善です。


この記事をシェアする