>

なぜ高額な治療費になるのか

保険診療

歯医者の診療には2つの種類があります。その1つが保険診療です。国が健康保険によって治療費を負担してくれるものになります。
負担額は年齢によって変わりますが、国が7割を負担してくれるのが一般的です。
つまり患者自身の負担額は3割なので、治療費が安く済みます。例えば、充てんといって、初期段階の虫歯を削って白い詰め物をし、歯をもとの形に治したり、ブリッジといった、間の歯を削って、それを元につないで歯をつくる治療が保険治療にあたります。
こうした保険診療は同じ治療内容であれば、どの歯医者にいっても費用は同じとなる為、安心できます。
その反面保険が適用される為、治療法が制限されてしまったり、使用できる素材が限られてしまうという欠点も存在します。

自費診療

もう1つの診療が自費診療です。
保険診療との違いは、患者が費用を全額負担しなければいけない点と、自費診療の料金は各歯医者が自由に設定できる点です。
つまり、同じ治療でも歯医者によって費用に大きな差が生まれます。加えて、費用は患者の全額負担なので、治療費が高額になります。
自費診療となるものは、歯のない部分に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取りつるインプラントや歯列矯正などです。
こうした自費診療は、保険診療と違い素材や治療法に制限がありません。そのため、患者は選択の幅が広がり、より質の高い診療を受けられます。
保険診療のみの治療であれば、費用を抑えられますが、自費診療と組み合わさることで費用が高額になります。
自費診療は歯医者にとっても、利益が大きいため、歯医者のなかには自費診療を勧める歯医者も存在します。
歯医者を選ぶ際は、ネットなどの口コミで診療内容と金額をしっかりチェックしましょう。


この記事をシェアする